成長期が遅いのか?子どもへおすすめのサプリメントとは?

成長期の運動が与える影響とは?

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

大きく育つための、成長期に重要な一つ「運動」ですよね。

 

運動なくして、健全な成長は望めません。

 

中々外で元気に遊ぶということが無くなってきたと言われる現代、
子どもたちはしっかりと育っているのでしょうか?

 

今回は、成長期に運動が身体に与える影響についてです。

 

骨への影響

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

身長が伸びるということは、骨が成長し伸びるということです。

 

その骨の量端にある「骨端線」、これが働くことで骨が作られて背が伸びる仕組みです。

 

骨端線は大人に近づくにつれ無くなっていき、背が伸びるのが止まります。

 

ですので、骨端線がある成長期に、運動をして骨端線に軽い刺激を与えることで、
骨端線が活発に働くようになり、成長に繋がります。

 

筋肉への影響

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

運動をすることで、筋肉も鍛えらえますよね。

 

そうすると「体幹」がしっかりしてきます。

 

つまり姿勢が良くなるんですね。

 

姿勢と身長は関係しており、背が低い子は姿勢が悪いことが多いそうです。

 

姿勢を正すことで背が伸びたということもあります。

 

また猫背というだけで背が低くなります。

 

前かがみの姿勢は内臓系の圧迫により血液の流れなどが悪くなり、消化吸収に影響が。

 

栄養素をしっかり吸収できない原因にも繋がるんですね。

 

内臓やホルモンの分泌への影響

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

運動で、成長に重要な他の要素に繋がってきます。

 

まずは運動をすることで、食欲増進に繋がります。

 

過度な運動は逆効果ですが、適度な運動をすることでエネルギーも消費し、
たくさん食べられるようになります。

 

沢山食べられれば、その分必要な栄養素も不足しなくなるということですね。

 

やはり沢山食べる子の方が(必要な栄養素をしっかりとれる子の方が)大きく育ちます。

 

 

筋肉を使うことで、成長ホルモンの分泌が促されます。

 

成長ホルモンは骨端線に骨を伸ばすよう働きかけるので、
運動をして成長ホルモンが沢山分泌されることは、背が伸びることに繋がるんです。

 

 

沢山運動をすると、身体が疲れて休息を必要としますね。

 

そのため質の良い睡眠ができるようになります。

 

成長ホルモンは質のいい睡眠時に沢山分泌されます。

 

運動をすることで成長にとって一番大事な時間である睡眠が良くなるんです。

 

最後に

成長には大事な運動。

 

でも嫌になるようなキツイ運動は逆効果にもなり得るので、
まずは、ストレスが発散されるような、軽い運動がいいですよ。

 

継続して続けられる運動や家で出来るストレッチなんかもおすすめ。

 

 

おすすめ成長サプリメントランキングはこちら