成長期が遅いのか?子どもへおすすめのサプリメントとは?

子供が牛乳を飲みすぎると成長に影響が

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

成長期に身長を伸ばすためには、骨を丈夫に成長させる。

 

その為にはカルシウムですよね。

 

 

「カルシウムを沢山摂っていますか?」

 

「あなたも、あなたの子供も牛乳を沢山飲んでいますか?」

 

 

ちょっと待って!!

 

 

牛乳を飲みすぎると成長に悪影響があるかも・・・

 

牛乳を飲みすぎるとどんな影響があるの?

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

カルシウムを摂取するために牛乳を飲むことは、間違ってないんです。

 

牛乳はとても身体に良い物なのは間違いないです。

 

アレルギーや乳糖不耐性の子の場合は飲めないですが、
成長期の子供も、僕たち大人だって飲むべきものですよね。

 

 

ただ、身体に良いから、身長が伸びるから、といってガブガブ飲みすぎるのは、
辞めましょう。

 

実はカルシウムはとても吸収しにくい栄養素なんですね、
ですからただ牛乳を飲んだだけでは、飲んだ分だけのカルシウムが摂取できてるわけじゃないんです。

 

そして、飲みすぎることで、逆に悪影響があるんです。

  • 肥満になる
  • 貧血になる
  • 栄養不足

 

牛乳は脂肪分も多いです、カルシウム不足よりも飲みすぎでの肥満が怖いです。

 

肥満になると成長期(思春期)の到来が早くなると言われており、
成長期の早やい到来は背が低い原因となります。

 

背を伸ばすために飲んでいた牛乳が、下手をしたら逆効果になってしまうんですね。

 

 

牛乳の飲み過ぎで鉄分不足になるという話も有名です。

 

牛乳の栄養素として鉄分は少ないので、別の食品で摂取が必要です。

 

しかし牛乳の飲み過ぎでお腹がいっぱいになって食事量が減ってしまうことが起きるわけです。
そのため、鉄分が摂取できなくて、貧血を起こすと言われています。

 

他のものが食べられなくなるほどの牛乳を飲むことは、良くないんです。

 

 

牛乳は栄養がバランスよく含まれています。

 

日本人に不足しがちなカルシウムも多いです。

 

ただ牛乳だけに頼りすぎてると、栄養不足になってしまいます。

 

先ほどの鉄分もそうですが、カルシウムを摂っているのにカルシウム不足になり兼ねません。

 

先述していますが、カルシウムは吸収力が悪いです。

 

しっかり吸収するには、他の栄養素もバランスよく摂取する必要があるんです。
だから牛乳が身体に良いからと言って牛乳ばかり飲んでもあまり意味がない面もあるんです。

 

牛乳も他の食品なども推奨量をバランスよくが大事なんです。

 

 

牛乳の正しい飲み方

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

では、牛乳を飲むときは、どう飲むべきでしょうか?

 

牛乳に頼りすぎないことです。

 

推奨量としては400mlと言われますが、これも個人差があり、
お腹いっぱいで食事に影響があるのであれば、減らすことも必要ですよね。

 

カルシウムばかりに注目しないでください。

 

カルシウムを摂取するときに一緒に摂取したいのはマグネシウムです。

 

マグネシウムがカルシウムの吸収を助けます。

 

ビタミン類も摂りたいですね。

 

牛乳だけではカルシウムは十分摂取できてないことを覚えておいてください。

 

 

これからは、子供に牛乳を飲ませるときは意識してみて下さいね。

 

 

 

おすすめ成長サプリメントランキングはこちら