成長期が遅いのか?子どもへおすすめのサプリメントとは?

成長ホルモンが分泌する睡眠方法

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることはご存知だと思います。

  • レム睡眠は浅い眠り
  • ノンレム睡眠は深い眠り

そして、身長を伸ばすために重要な成長ホルモンが最も分泌されるのが、
深い眠りの時、ノンレム睡眠の時なんです。

 

ノンレム睡眠にも深さが4段階あるそうで、
より深い3段階目と4段階目が一番成長ホルモンが分泌されます。

 

ですので、身長を伸ばすには、より深く眠れる質の良い睡眠が必要になってきます。

 

深い睡眠をする方法

では、質の良い深い睡眠をとるには、
具体的にどうすればいいのか、紹介します。

 

睡眠環境を整えよう

睡眠時に使用する寝具を、快適なものにしてあげます。

 

布団や枕、パジャマ。

 

硬すぎても、柔らかすぎてもだめ、寝返りがうちやすい、適度な硬さです。

 

枕も高すぎたり、血行を悪くしない寝具を揃えてあげることが大事ですね。

 

パジャマも季節に適した格好で、寒すぎたり、暑すぎたりしないようにしたいです。

 

それから子どもは寝汗をよくかくので、シーツの交換や布団を干したり、清潔を保つことも大切。

 

ぐっすり眠れる環境を用意してあげましょう。

 

規則正しく早寝早起き

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

成長に関わる「メラトニン」というホルモンがあります。

 

メラトニンは子どもの成熟を抑制してくれます。

 

早すぎる成長期の到来を防いでくれるんですね。

 

そのメラトニンや成長ホルモンをしっかり分泌させるには、規則正しい睡眠です。

 

暗くなったら寝る、朝が来たら起きて朝日を浴びる。

 

つまり早寝早起きを毎日同じリズムですることが重要なんです。

 

体内時計をしっかり整えるということですね。

 

就寝前の食事はやめる

寝る前に食事をしてしまうと、消化されてない状態で寝ることになります。

 

これは眠りが浅くなってしまう原因で、成長ホルモンが分泌されなくなってしまいます。

 

食事は寝る2時間前までに済ませておくのがベスト。

 

そして朝起きたときに、お腹が空いていることで、朝食をしっかり摂ることができます。

 

成長期の栄養補給に朝食はとても大事。

 

お風呂で体温調節

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

人の身体は、寝る前になってくると、内側の(深部の)体温が下がっていくようになっています。

 

そのような状態になると眠れるようになるんです。

 

その仕組みを助けるためにいいのが、寝る15分〜30分前にぬるめの風呂に、軽く汗ばむくらい入ることです。

 

風呂に入ると血行が良くなるので、内側の体温が放射するのを助けることにつながるんです。

 

その時に就寝すれば、スーッと深い眠りにつけます。

 

 

夜は落ち着いた雰囲気を演出

先ほども出てきた「メラトニン」ですが、夜暗くなると分泌されます。

 

逆に、夜なのに蛍光や強いく明るい光を浴びていると、メラトニンの分泌が抑制されてしまいます。

 

就寝前のスマホやテレビも良くないです。

 

ブルーライトですね。

 

夜は間接照明のような暖色系の電気ですごし、寝る前には興奮させないで、
リラックスして寝ることが深い眠りにつくコツです。

 

寝室も暗い方がいいですね。

 

 

 

寝る時間に合わせて風呂に入ったり、食事を早い時間に食べさせたり、
時間的に難しいこともあるかもしれないです。

 

出来ることだけでもしてあげて、睡眠をサポートしてあげて下さいね。

 

 

おすすめ成長サプリメントランキングはこちら