成長期が遅いのか?子どもへおすすめのサプリメントとは?

寝返りが多いと身長が伸びないのか

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

子どもって寝相が悪いですよね。

 

朝起きたら、寝付いたときと全く違う場所で寝ていることなんてしょっちゅうです。

 

僕は、連続で僕の横っ腹に蹴りが入ることが何度もありました・・・

 

寝相が悪い、寝返りが多いということhは、眠りが浅いのか、
眠りが浅いということは、身長の伸びに影響があるんじゃないのか。

 

気になるところですよね。

 

寝返りは全くなくてもダメ

寝返りは何のためにしているかというと、
自分の身体の重さで圧迫された部分の痛みを緩和したり、血行が悪くなったのを緩和したりするために行われています。

 

ですので、寝返りは全くなくなると、それはそれで身体によくないんです。

 

でも、寝返りが多すぎるということは、寝具が合っていない可能性があります。

 

布団が硬すぎると、圧迫や血行不良が起きやすいので、寝返りが多くなります。

 

逆に柔らかすぎると、身体が沈んでしまい寝返りが打てなくなってしまいます。

 

適度な硬さの布団にして、快適に寝れる環境に整えることが、
レム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルを維持し、質の良い睡眠になるので、
身長を伸ばす可能性を高くします。

 

成長ホルモンが分泌している証拠

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

もう一つ寝返りを打つ原因として、身体が暑いということがあげられます。

 

夏場なんかは大人でも、布団の冷たい部分を求めて良く動きませんか。

 

子どもも同じです。

 

うちの子は夏と冬を比べると、断然夏場の方が動き回ります。(笑)

 

でも子どもの場合、身体が暑くなる原因は他にもあります。

 

それが、成長ホルモンが分泌されているときなんです。

 

だから、夏でもないのに暑そうにゴロゴロ動いているようであれば、成長ホルモンが分泌されている証拠ですね。

 

成長ホルモンが分泌されているということは、深い眠りに入ってるので、
問題ないです。

 

単純に部屋が暑くて寝苦しいのであれば、それは改善する必要があります。

 

温度、湿度をエアコンや扇風機で調節して、2〜3時間のタイマーを掛けておくといいですよ。

 

身体には直接当たらないように。

 

子どもの快適な睡眠を心がけてあげて下さいね。

 

 

おすすめ成長サプリメントランキングはこちら