成長期が遅いのか?子どもへおすすめのサプリメントとは?

低身長症の判断と対処法

身長を伸ばすには、重要な要素が3つありました。

 

当サイトでは何度も出てきますが、
「運動」、「睡眠」、「栄養」ですね。

 

これらが整った生活習慣を心がけていれば、健全な成長が望めます。

 

逆に運動不足だったり、栄養不足になると、身長が伸び悩む可能性が高くなります。

 

しかし、これらとはまた別の原因もあるんです。

 

「低身長症」です。

 

低身長症の判断方法

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

出典:http://ghw.pfizer.co.jp
低身長症なのかどうかは、子どもの年齢の平均身長から、どれだけ下回っているかで判断します。

 

それには、成長曲線を描いてみます。

 

子育てをしているのであれば、見たことがあるはずだと思います。

 

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

 

縦軸に身長、横軸に年齢となっていて、各年齢時の身長にポイントを付けていき、
線をつなげば、成長率が見えてきます。

 

「SD」という単位で表示されまして、それが平均より下回り、
−2.0SD以下だと低身長症だと判断されます。

 

病身で検査・治療

低身長症は、ちゃんとした治療をすることで、身長を伸ばすことができます。

 

早期発見早期治療が重要です。

 

早期に治療を始めれば、それだけ平均身長に近づけることができるそうです。

 

こちらのサイトで簡単な低身長チェックや、情報があります。
成長相談室

 

成長が遅い子もいます

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

子どもの成長には個人差があります。

 

成長が早い子もいれば、遅い子もいます。

 

成長が遅い子の場合、一時的に平均を下回ることもあります。

 

低身長をチェックして-2.0SDまでいってなければ、
「運動」、「睡眠」、「栄養」この三つの生活習慣を見直して、
改善することで最終的な身長が大きくなる可能性は十分あります。

 

ですので、深く悩まないで子どもの成長をサポートして上げてくださいね。

 

うちの子も-1.8SDで気になるところですが、子どもに不安を与えたくないので、
一緒に背を伸ばそうと明るく生活習慣の改善に取り組んでますよ。

 

サプリメントも「ノビルン」を食べさせています。

 

美味しいって喜んで食べてます。(笑)

 

 

⇒⇒おすすめ成長サプリメントランキングはこちら