成長期が遅いのか?子どもへおすすめのサプリメントとは?

骨端線を損傷すると背が伸びなくなる?

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

身長が伸びるということは、骨が伸びるということです。

 

骨のどこが伸びるのかというと、骨の量端にある「骨端線」という軟骨が
成長することで背が伸びています。

 

もし骨端線が損傷した場合どうなるのでしょうか。

 

骨端線を損傷すると背が伸びなくなるなんて話もあります。

 

その真意を調べてみました。

 

骨端線損傷の影響とは

骨端線は成長期が終わると固まっていき閉鎖してしまうと、その後は身長の伸びが止まります。

 

ですので、骨端線の損傷とは、子ども特有の骨折でもあります。

 

骨折と言ってもポキっと折れるよな骨折ではなく、骨端線がずれて削れるような感じです。

 

 

損傷での、身長の伸びの影響はあるともないとも言えない感じでした。

 

骨端線は全身の骨にあるので、正確には、どこの骨端線が損傷したかですね。

 

腕や、指なら身長への影響はないですよね。

 

問題は脚の骨端線です。

 

脚の骨端線損傷は注意

脚の骨端線を損傷した場合に考えられる影響は、

  • 早期に骨端線が閉鎖
  • 変形して足が伸びてしまう

損傷したほうの脚だけ、骨端線が閉鎖してしまえば、左右の脚の長さに差ができてしまいます。

 

変形して伸びてしまえば、バランスが悪くなりますし、間接に影響が出てきます。

 

指などは身長に影響はないとはいえ、そのままでは曲がって成長してしまうので、
適切な治療をしたほうが良いです。

 

骨端線損傷の原因

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

どんな時に骨端線は損傷するのかです。

 

そんな簡単には損傷はしないようで、強い衝撃を受けたときに損傷をします。

 

ジャンプして着地した時の体制が悪かった場合や、転んで不意に手をついたときなど。

 

意図していなかった強い衝撃が与えられた場合です。

 

また、スポーツを頻繁にしている子が疲労の蓄積により損傷をする場合もあるそうです。

 

治療法は?

骨端線損傷の疑いがあれば、病院へいって治療します。

 

位置を戻したり、ギプスで固定したりと方法があります。

 

ギプスが取れた後も大事で、間接の可動域などが狭くなることを防ぐため、
ストレッチしたり、患部を動かすことが必要です。

 

医師により指導してくださると思いますよ。

 

 

おすすめ成長サプリメントランキングはこちら