成長期が遅いのか?子どもへおすすめのサプリメントとは?

子供が成長しない病気とは。親はどうするべきか

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

子供の身長が周りの子と比べ小さい。

 

成長率が平均を下回っている。

 

その理由はいくつかあります。

 

遺伝が強く出ている、栄養素や運動、睡眠が不足しているなど。

 

でも遺伝でもなく、そういった生活習慣が良くても背が伸びない子もいます。

 

子供が成長しない病気

生活習慣ではない、身長が低くなる病気などの原因をいくつか挙げます。

  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ターナー症候群
  • SGA性低身長症
  • 主要臓器の異常
  • 甲状腺ホルモンの不足
  • プラダー・ウィリー症候群
  • 軟骨無形成症
  • 愛情遮断症候群

このように、いくつも原因はあります。

 

ですが、治療によって身長を伸ばすことは可能な原因もあり、
特に多い治療方法として行われているのが、成長ホルモンの注射です。

 

早期治療でせは伸びる

成長期が遅いこどもへ成長応援サプリメント

低身長症の原因は色々ありますが、
治療により平均身長に近づけることが可能な場合も多いです。

 

治療も早期に始めればより効果も望めます。

 

ですので早期発見早期治療です。

 

あの有名なサッカー選手「メッシ」も低身長症だったため、成長ホルモン治療をしていたんですよ。

 

親として何をすればいいのか

子供の成長を見守ってあげること大事ですよね。

 

毎月どれだけ背が伸びて、体重が増えたのか。

 

成長に重要な生活習慣を送れているのか。

 

そうすれば、子供の成長の具合も見えてくるはずです。

 

そして成長曲線を描いてみて、それが平均を下回っているのであれば、
一度小児科へ相談に行ってみて下さい。

 

いつか伸びるだろうで、結局伸びなかったのが僕です・・・

 

子どもの為にも、原因を見つけて適した対処をしましょう。

 

-2.0SDじゃなければ、生活習慣を改善してみよう

成長曲線を描いてみることで、SDという単位で、成長率が数字化できます。

 

0SDが標準で、それより背が低ければ「-」がついてきます。

 

低身長症だと疑わしい判断基準は-2.0SDです。

 

個人差もあり、人の身体のことです。一概には言えないですが、
-2.0SDまで低くなければ、生活習慣の改善により、背が伸びる可能性も高くなります。

 

まずは生活習慣の改善をし、それでも成長率がよくないのであれば、医師の意見も聞いて欲しいです。

 

でも早期発見早期治療です、子供が小さいころからどのように成長していってるのかを、
見逃さないでくださいね。

 

子供の成長を楽しみましょう。

 

 

おすすめ成長サプリメントランキングはこちら